映画『サプライズ』

11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

結果発表!Tシャツデザイン コンペティション 開催!!

最驚コラボが実現!『サプライズ』Tシャツを今すぐ手に入れよう

Blu-ray & DVD 2014年4月16日(水)リリース!レンタル/オンデマンド同時開始

満足度96%
特集ページはこちら
  • JETLINK
  • 映画『サプライズ』×Lockup
  • サプライズを体感せよ!PHOTO SPOTキャンペーン実施中
  • 映画『サプライズ』×Smack Engineer
  • HALLOWEEN MASQUERADE PARTY 2013
  • 映画『サプライズ』食べ飲み歩き

INTRODUCTION

『スクリーム』シリーズ、『ソウ』シリーズで生み出された、スリラー・キャラクターは、その時代の世間を沸かせ、慄かせた。そして、2013年、その流れを引き継ぎ、まったく新しいスリラー・キャラクターが誕生した。
完成直後に出品された2011年トロント国際映画祭で公式上映、その後、各国で反響を呼び、話題沸騰のあまり、8月23日に全米で拡大公開が決定。
本国では数多くの興奮レビューがあふれかえり、ネタバレ含む熱狂的な表現ながら、絶賛の嵐を巻き起こし、公開が始まってからも、レビューが増え続けるという現象が起きたほど。

両親の結婚35周年を祝うために集まった、10人の家族。
そこに突如として現れる、キツネ、ヒツジ、トラ… アニマルマスク集団。
壁に描かれた「You’re Next」の文字、突き刺さるクロスボウの矢。
逃げ場のない密室で、次々と襲われていく10人。
しかし、ある“事実”が判明したことをきっかけに、
アニマルマスク集団も、そして家族すらも
予期しなかった結末へと突き進んでいく―――

NEXT

監督は、『A Horrible Way to Die』(10・未)が各映画祭で絶賛を浴びた、アダム・ウィンガード。『V/H/S シンドローム』(13)内の1篇でも監督を務め、ハリウッドでも注目を集める若手監督の一人。エリンには、オーストラリア出身の新進女優、シャーニ・ヴィンソン。そして注目は、本作で映画界に復帰した、母オーブリー役のバーバラ・クランプトン。『ZOMBIO/死霊のしたたり』(85)など80年代ホラー映画で活躍、伝説的な存在となった彼女が、約15年振りの映画参加も話題となっている。
その他、アメリカ・インディペンデント映画界では、役者だけでなく監督としても知られるメンバーが揃った。

スリラー映画の定番とも言える音響効果で、見えない恐怖を煽り、劇中の要所要所で掛かるドワイト・トゥイリー・バンドの「Looking For The Magic」が、日常の中に潜む異常さを物語る。
まさに“絶叫”と“爽快”に包まれた、あり得ないラストとは!?

PREV

映画『サプライズ』11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

STORY

― 始まりは、二階の寝室。
両親の結婚35周年を祝うため、郊外の別荘に集まった、デーヴィソン一家。
久しく使っていなかった別荘はホコリだらけで、入り口も空いている状態。
唯一あるお隣の家からは、朝からずっと大音量で同じ音楽が流れていた――。
それぞれ、パートナーと一緒に来た子供たちは、久しぶりに会う家族と旧交を温める。
でも心の中は、それぞれ自分勝手な思いばかり。
一家全員が揃ったところで、晩餐会が始まった。
和やかにスタートしたようにも見えたが、気付いたらいつものように、長男と次男の口喧嘩が勃発。開始早々に、もう険悪な雰囲気。

NEXT

― 家に誰かが入ってきたらしい。
そんな雰囲気に呆れ、愛想を尽かしていた末っ子の彼氏がふと窓の外に何かを見つける。
立ち上がり、確認しようとした時、窓ガラスが割れる音が・・・。
一人、また一人と異変に気付く家族。彼ら全員が、見た光景とは――。
突然の襲撃にパニックとなる一家。
なにが起きているのかも分からないまま、矢は放たれ、悲鳴が交錯し、家具は倒れる。
ただでさえ互いに誰も信用していない家族、こんな危機的状況に陥っても、すぐに喧嘩が始まる。
さらには、安全と思われたところにも、周到なトラップが仕掛けられていた。

PREV

NEXT

― 一匹目、ヒツジ。二匹目、キツネ。三匹目、トラ・・・
姿を現したのは、ヒツジ、キツネ、トラ・・・、謎のアニマルマスク集団。
正体も分からず、理由も分からないまま、なすすべなく、襲われていくデーヴィソン一家。
まさに絶体絶命のピンチに陥ったその時、アニマルマスク集団も、そして、家族ですら予想もしなかった事が起きる。
「誤算」、「予想外」、「想定外」・・・、いくつもの「サプライズ」が全員の運命を大きく変え、誰もが予期しなかった結末へと突き進んでいく―――。

PREV

映画『サプライズ』11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

CHARACTER

  • トラ
  • ヒツジ
  • キツネ
  • 父:ポール
  • 母:オーブリー
  • 長男:ドレイク
  • 妻:ケリー
  • 次男:クリスピアン
  • 次男彼女:エリン
  • 三男:フィリックス
  • 三男彼女:ジー
  • 長女:エイミー
  • 長女彼氏:タリク

映画『サプライズ』11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

STAFF

アダム・ウィンガード/監督
映画学校に在籍中だった19歳のときに“Home Sick”(07)で長編映画を初監督。同作は、2007年度ファンタジア映画祭でプレミア上映され、08年8月に米国公開された。2作目となる“ Pop Skull”(07)は、07年度ローマ国際映画祭で世界プレミア上映され、AFI映画祭で米国プレミア上映された。さらに同作は、08年度ボストン・アンダーグラウンド映画祭で審査員賞、および同年度インディアナポリス国際映画祭で審査員大賞を受賞した。10年、『ビューティフル・ダイ』を監督。トロント国際映画祭でプレミア上映され、また、ファンタスティック・フェストでは絶賛を浴び、最優秀男優賞、最優秀女優賞、最優秀脚本賞に輝いた。その後、“What Fun We Were Having”(11)で監督・製作・共同脚本を兼務。また、11年7月に公開されたジョー・スワンバーグ監督の“Autoerotic”の撮影にも携わった。スワンバーグ監督作品では、度々撮影を務めている。その主な作品に、“Blackmail Boys”(10)、“Art History”“The Zone”(共に11)、“Marriage Material”(12)などがある。12年度サンダンス映画祭で称賛を浴びた『V/H/S シンドローム』(13)に、監督のひとりとして参加している。
サイモン・バレット/脚本
十代のころから友人に借りた機材で16ミリ映画を撮り、2000年、トロマダンス映画祭で卒業制作映画“The Nothing Deal”がオープニングとクロージングの上映短編映画として選ばれた。私立探偵としてフルタイムで働きながら、『えじき』(04・未)で初めて長編映画の脚本と製作を担当。この作品は04年度トロント国際映画祭でプレミア上映され、その後シッチェス・カタロニア国際映画祭、サウス・バイ・サウス・ウエスト映画祭で上映された。12年度サンダンス映画祭で好評を博した『V/H/S シンドローム』(13)のなかの1作で脚本・製作を担当。加えてホラー・アンソロジー『ABC・オブ・デス』(13)の1作でも脚本を務めた。さらに12年、日本を舞台にしたホラー“Haunted Temple”の脚本担当に起用されている。本作ではアニマルマスクの一人としても出演。

映画『サプライズ』11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

PRODUCTION NOTE

映画『サプライズ』11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

REVIEW

米Rotten Tomatoesで92%フレッシュ!! (0821付)

とてつもないエネルギーがある!(VARIETY)

観客は叫んで、飛び上がる!(HORROR MOVIES.CA)

今年最高のアメリカスリラー映画!(TWITCH FILM)

迫真の恐怖と大きな笑いに満ちている(オタクニュースブログ)

みんなで一緒に観たい(そうすると一番盛り上がる)映画!(JoBlo.com)

近年で一番手に汗握る映画(cinemaland.com)

機知と皮肉と卓越した技巧で他のスリラー映画を凌いでいる(Boston Globe)

賢くて、純粋で、新鮮で、ぞっとする恐怖は、マニアもライト層も楽しめる(The Wrap)

侵入スリラーが多い中、フレッシュなアイデアで飛び込んだ監督に賛辞を!(Rolling Stone)

血に飢えたスリラーファンの期待を満たし、さらにその上をゆく(Toronto Star)

映画『サプライズ』11.14[THU.] TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー